ほたるの苑とは

ほたるの苑は滋賀県高島市にある地域共生型デイハウスです。

ほたるの苑 全景

設立趣意

私たちは、子どももお年寄りも障がいがあっても認知症になっても、住み慣れた場所で、馴染みの人達と、集い合い憩いあい、その人らしく主体的に暮らしていけるように、誰もが地域で手をたずさえ合い、共に生きる社会を目指します。

スタッフについて

「介護福祉士」「保育士」「看護師」「ホーム・ヘルパー」「介護支援専門員」「社会福祉主事任用資格」などの資格保持者が有志で集まっています。

設立までの経緯

平成19年
4月3日
NPO活動促進室を訪問し、
NPO設立及び管理・運営の説明を受ける
4月27日
高島市長寿介護課を訪問し、
事業所設立や補助金等について相談
5月17日
NPO法人設立の準備を開始
5月26日
愛荘町ハーティセンター秦荘大ホールで「支えあいの地域づくり」"うちの実家" 代表 河田珪子氏の講演を聴く
6月20日
設立総会を行う。法人名を「ほたるの苑」とする
6月22日
設立認証申請書類をNPO活動促進室へ郵送
6月29日
ボランティアグループ名を「ほたる草」と名づける
7月3日
設立申請が受理される
7月24日
NPO法人「元気な仲間」で8月末まで実習
7月29日
ボランティアグループ「ほたる草」の総会を行う。キャラバンメイト主催による「認知症とその対応の仕方」研修会を行う
9月9日
『たかしま市民活動屋台村in朽木』に「ほたるの苑」開設予定の案内を出展
9月10日
NPO活動促進室より、NPO法人設立の認証を受ける。富山県「このゆびとーまれ」を体験ボランテイアとして訪問する
9月11日
法務局で設立登記申請をし、法人設立となる
10月13日
「ほたるの苑」開所式を行い、自主事業を開始する



設立後の活動

平成20年
4月1日
介護保険事業所として事業開始(通所介護・介護予防通所介護)
障がい者日中一時支援事業を高島市から受託し事業開始